話題沸騰!車買取・事故歴と修復歴について

自動車売渡を頼んだ時には、一番初めに見積もりを受ける事になります。そうした時の査定については買い取り専門店の方がやり、クルマ市場の相場等から値段がはじき出されることになります。

普通は中古車ということで売りに出されている値段の20~30%位が買取の値段となっているようですが、売れ筋の車種だったり、珍しい車種であるなどの場合には高値がでるといったケースもあるみたいです。また、製造年は新しい方が高く売却できます。一方でこういった見積価格はその車が完全な状態の時であって、完全じゃないときだと低く見積もられます。なかでも特に修復歴は見積価格に結構響いてきます。

修復歴といっても定義はあいまいですが、とりあえずお車の骨組みであるフレームの方にまで駄目になっているようなアクシデントを起こしたくるまは事故車という事となります。そういった事故歴のある車はいつかなんらかの被害が出てしまうリスクがありますので、買取金額に於いてはダメなものとなります。ですが、フレームの部分まで影響がなく、外装を修理した位ならならないですが、でも事故歴としては付きます。

無論、修理歴としては付くわけなのでデメリットの害はある訳ですが、事故車よりも見積もりが低くなることはございません。あと、エンジン等にトラブルが出ているときにもマイナスとして審査されますし、日頃からの維持管理の良し悪しが見積金額に影響されます。

そのあたりは素人目にはちんぷんかんぷんですが、値踏みを行う買い取りの専業店はキッチリ状況を確認してくるでしょう。

どちらにしても修復歴が無いという事が古くなったクルマの見積価格が上昇できるかどうかの条件となってきます。