話題沸騰!残債がある車の売却に関して

クルマの買い取りのお店に審査をしてもらったのはいいけれど、割賦払いを払いきっていないということも無くはないでしょう。そういった場合は、売却予定のマイカーの所有権がご本人なのか別の方なのかどうかについてとにもかくにも確認しておく事が必須です。

本当のところ、所有者についてどこを見たらいいのかと言えば、車検証に記載のあるお名前の方がマイカーの権利者となります。

お車を買った時に銀行等が提供するローン支払いを設定したケースでは、こちらの「車検証」に書かれている氏名がご自身のお名前になっているのですが、ローンを組まれたのが信販会社であった場合は氏名がそちらの名前になるはずです。信販系でローンを組む場合にどうしてこんな形で信販会社をオーナーとして記載するのかというと、その理由としては支払いが滞納したりしたら、速攻で車を担保という形で確保することを考えているからです。

そういった事情により所有名義が信販会社にある際はそのお車を自分勝手に売ることは出来ません。どうあっても売りたいならとりあえず支払いをすべて終わらせるか、分割払いの組み替えをすることで所有権者を自分の名前に変えた後で手放すことが必要です。そうはいっても現実問題こんな手続きが可能なのはその時の手持ちのキャッシュが余りある場合に限られてしまいます。それでは資金が不足している場合はどういったやり方がいいのでしょうか。

そんなケースでは値踏みを行って下さったくるま買い取りのお店に事情を話すと、マイカーの買値から残債分を支払し、所有者をご自分のお名前に直していただくことが可能です。手続きの方も全部買取店にオマカセ可能なので心配いりません。