話題の残債がある車の売却の感想、所感

愛車の買取専業店に値踏みをオーダーしたものの、割賦払いを払いきっていないという事も考えられます。そうした際は、買取りしてほしいマイカーの持ち主がご自身であるのか、別な人であるのかを第一に確認しておくことが必要です。

ホントのところ、所有権はどの部分を見たらわかるのかといいますと、「自動車検査証」に載っている氏名の方がくるまの権利者となります。

車を買うときに銀行系の割賦払いを設定された時には、こちらの自動車検査証に記載されているお名前がご自身のお名前になってるはずですが、割賦払いを組んだのが信販系の会社などの場合は名前がクレジット会社の名前になっているのです。クレジット会社で分割払いを組む場合なぜこのように信販会社をオーナーとして記載するのかというと、その答えとしては返済が滞った場合、ただちに自動車を差し押さえて確保するためです。

そんな理由で持ち主名義がクレジット会社となっている場合はそちらの自動車を好きなように売る事は無理なことです。とにかく手放したいならまずローンを残らず完済するか分割払いの組み替えをすることで所有権をご自身の氏名に変えてから売り払うことが求められます。そうはいっても実際問題そういった事が可能なのはその時点でお手持ちの資産がたくさんあるケースに限られます。だったら資産がないならどうすることが良いのでしょうか。

こんな場合は、値踏みをして下さった車買い取りのお店に話してもらえると、お車の買値から残債分を完済し、所有者をご本人の名前に直してもらうことができるという訳です。手続きも全てを買取専業店に任せることが可能なので心配いりません。