改めて車査定・事故歴などに関して

古くなった車売渡を依頼した時は、とりあえず鑑定を受ける事となります。そうした時の鑑定は買取専業店の査定士おこない、オークションマーケットの価格などから値段がはじき出されるものとなります。

普通は中古車として販売されている価格の20~30%程度が査定額となっていますが、好評なくるまだったり、珍しい車種だったりする際には高プライスがでる場合もあるでしょう。それと、製造年が新しければ新しいほど高い金額となります。ただし、そうした買取り価格はその愛車が完全な状態のケースであり、パーフェクトではないときはマイナスに査定されます。なかでも事故歴は査定にかなり関係してきます。

修理の跡といっても定義が曖昧ですが、基本的には自動車の骨格であるフレームの部分までダメになるような事故を経験したくるまは事故車として扱われます。そのような事故歴のあるくるまはそののちなにかしらの負の影響現れる危なさが有るので、買取金額に関しては駄目なものとなるのです。一方で、フレームの方には影響がなく、ボディを修理した程度であれば問題ありませんが、修理歴はつくことになります。

無論、修復歴は付く訳ですからマイナスの影響はあるのですが、事故車より低い査定となることは無いです。その他、エンジンやギアなどに面倒が起きている際にもマイナスとして見られますし、日頃の手入れの状態が見積に関係してきます。

この辺りは私たちには見分けはつかないのですが、審査をする買取専門ショップはシッカリと状況を見てきます。

どっちにしても修理歴は無いという事が車プライスがアップできるか否かの分かれ目となります。