使った車を売却する場合のやり方に関してですが、コチラのページでくわしく確認しておきましょう

使用した車を処分するときのやり方としては買取と下取りのどちらかが一般的ですよね。下取のケースはおニューのマイカーをゲットするかわり、今迄乗っていたお車を引受けして貰うというものです。殆ど新車取扱店が引き取りをおこなうので金額のほうはどちらかといえば低価格に見られるケースが多いです。

他方、買取りの場合にはユースドカー買い取り専門ショップがやっていて、古い車として販売する事を前提として買い取りの価格を決定するため、結構高目の買上げが期待できるでしょう。どちらにしてもu-carを引き受けてもらうことであり、、その前に引き取り額を決めるための見積りが行われます。

見立てをして貰う時に気になるのが「リサイクル料」です。使用済みの自動車の審査額で示される価格としてはくるまそのものの額、自分のくるまのに附随する自賠責保険やリサイクル料等を入れた金額の二つの種類が有ります。リサイクル料については中古自動車を手に入れた時、またはリサイクル料が未納の時には車検を受けた場合支払いとなるもので、今後クルマを廃車として解体処分するケースで必要になるシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類などなどリサイクルするときの代金となって使用されます。リサイクル料金は自動車リサイクルシステム(JARS)に預け入れることとなり、解体するケースでJARSから支払われるということになります。

その場合の料金は、軽だと8000円程、普通車だと10000円位、外国の車の場合1万5千円くらい、そのほかで約2万円ほどを入金する必要が有ります。大概のマイカー買い取りでは、そうしたリサイクル料金を使った自動車の引き取り値段とは他として買い取りされるという事となる訳ですが、リサイクル料金をいれて引受額としてるケースもあり、引き受けを依頼する時はまずは確認しておくことが大事なこととなります。