ほら、日本自動車査定協会の役割について思うこと

古い車の買い取り・下取時には、初めに査定をすることでしょう。この査定とは、お客さんから下取や買取の時にちゃんとした見立てをするための下調べであり、その為にはいろいろな方から肯定され、その上受け入れられた段取りでなければ良くないのです。ですが、ユーザー側から見るのであれば、審査がどのようにされているのか正確には認識していなかったり、キチンとした方法で調査されているのかはどうにも分かっておくことが出来ないケースがほとんどです。そうだとしても審査というものはその車の価格を確定させるとても決め手となる過程ですので、考えややり方に様々なものがあると社会の混乱の一因にもなるわけです。

そんなカオスを起こさないためにも日本自動車査定協会という呼称の機関が存在し、「中古自動車査定制度」を取り決めしているのです。

「日本自動車査定協会」呼ばれるものは、しっかりとした鑑定が拡大するように取り組んでいる団体であり、お客さんが安堵して鑑定に出せて、そのうえで満足のいく結果になるようなシステムを構築する動きをしています。

具体的な内容的には、例えばまっとうな査定士を育むための検定を行っており、査定協会が実施する学科及び実技の研修を受けて頂き、その後「査定士技能検定試験」に成功することで一定のスキルを保有する査定士としての資格が付与されます。そうした上で査定士として活躍するのには協会への登録が必須となり、健全な知識や義務でもって消費者の愛車の評定をします。つまりはしっかりした見積のための資格を保持している者が鑑定をしますので、客側も不安なく買い取りや下取りに愛車を提出することができるのです。