ほら、中古自動車査定制度だそうな

クルマの下取りや買取の際には、必ず査定をやります。査定イコール、お客様から下取や買取の時に正当な評価をするための処置であり、それをするためにはいろんな方たちから容認され、かつ承諾されたやり方でないといけません。なのですが、お客様側からすると、見積がどのようにされているのかちゃんとは存じてなかったり、適正な手順で調査されているのかは結構把握することが出来ないケースがほとんどです。しかしながら値踏みというのは中古車の額面を決めてしまう大変重要なプロセスである為、考え方やその方法に色々なものがあると世間がパニックとなる要因にもなるのです。

そんな混乱を発生しないようにするためにも「日本自動車査定協会」という呼称の機関が存在し、中古自動車査定制度を打ち立てているのです。

「日本自動車査定協会」という機関は、キチンとした審査が行き渡るように機能している協会であり、消費者が不安なく値踏みに提出でき、そのうえで納得できるシステム作りの活動をしています。

具体的な活動の内容は、例えばキチンとした査定士を輩出する為の検定を実行しており、査定協会が実行している学科と技能研修を受け、それから査定士技能検定試験に成功することで一定のスキルを持つ査定士としての資格が受け取れます。その上で査定士として活躍するのには協会への登録を済ませてからになり、まともな基礎的なものや責務をもって消費者のくるまの鑑定をおこないます。要するにきちんとした査定のための資格を保持している者が鑑定をやりますので、客側も安心して下取または買取に持っていくことが可能となるわけです。