とうとうです、車査定、事故歴などについて思うこと

古いマイカー買い取りをお願いした場合には、とりあえず鑑定を受けることになります。その時の値踏みは買取り業者の方がおこない、車市場の価格等から値段が出されるものとなります。

大体、中古のクルマということで売られている額の20~30%くらいが買取金額と言われているようですが、好評な車であったり、希少価値のある車であるなどのケースでは高い買取額が出るといった場合もあります。他にも、年式が新しければ新しいほど高く売却できます。ただし、こうした買取の値段は車がパーフェクトな状態の場合であり、パーフェクトじゃない時だと低く見積もられます。特に修理の跡等はプライスにとても影響してきます。

事故の跡というのも定義が曖昧ですが、とりあえず自動車の本体であるフレームの方にまで駄目になっているような事故を起こしてしまったくるまはこれに当てはまります。そのような事故歴のある車はその後なんらかの負の影響出てしまう危険性があるため、見積もりについてはダメなものとなります。一方、フレームの方にまで影響がなく、外側を手直ししたくらいであれば問題ないのですが、修復歴としてはついてしまいます。

無論、修理歴は付くわけなのでマイナスの害は有るわけですが、事故車に比べ低く見積もられることは無いです。ほかにも、エンジン等に問題が発生しているケースでもマイナスに鑑定されますし、常日頃からの整備の状況がプライスに関係してきます。

そのあたりは我々には分からない部分ですが、値踏みをおこなう買い取りの専門店の方ではちゃんとそのあたりもチェックしてきます。

どちらにしても修理歴が無いことがマイカー査定を上昇させることができるか否かの分かれ目となってきます。