ついにきた、車買取、そしてリサイクル料のこと

お車を売る時の仕方というと買取と下取りのどちらかが御座います。下取りの場合というのはおニューの自分のくるまのを入手すると同時に今迄の自家用車を買受して貰うというものです。だいたい取扱店が買取をするので価格としてはどっちかというと低めになる場合が多いです。

一方で買取りの場合には自動車買取専業店がおこなっているもので、中古車として売る事を予定して買取の価格を決めるため、どちらかといえば高額な引取りが望めるでしょう。いずれにしても所有車を売却する事であり、引き受けてもらう前に引受プライスを決めるための査定がされることとなります。

査定をして頂くとして気に掛かるのがリサイクル料になります。くるま審査で出してもらう値段というのはその自家用車本体の値段、自分の車のに附随する自賠責保険とかリサイクル料等いれた額の2つの種類がございます。「リサイクル料」はお車を手に入れたさい、またはリサイクル料が払われてなかった場合には車検を通したさいに支払われるもので、将来的にくるまを廃車として解体処分するさいに必要になるエアバッグ類、シュレッダーダスト、フロン類等をリサイクルする為の代金ということで使用されます。リサイクル料はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けることになり、解体する時にJARSから支払されることとなります。

代金は大体、軽自動車なら8000円ほど、国産自動車で1万円程、外国の車とかで1.5万円程、そのほかで2万円程度を納める必要性が有ります。だいたいのマイカー買取りですと、そうしたリサイクルの代金をくるまの引き受けプライスとは別として買い取られる事になるのですが、リサイクル代金をいれて評価の金額であるという場合も有り、引取りを頼むさいにはまえもって確認しておくのが大事な事となります。