ついでに日本自動車査定協会の役割

古くなった車の買い取りや下取りの時には、最初に査定をしてもらうかと思います。査定イコール、お客さんから買い取りや下取りの際に正当な評価を下す為の作業であり、それを行うためには多くの人から認識され、プラス認められた手順じゃないとまずいのです。ですが、こちら側から見るのであれば、見積がどんな感じでやられているのか正確には認識していなかったり、フェアな手順でやられているかはどうにも把握することができなかったりもするものです。とはいえ、査定というのはユースドカーの価値を決定するとっても重大な過程なので、考え方やその方法に色々なものがあると社会がパニックとなる理由にもなるわけです。

このようなパニック状態を生じさせないためにも日本自動車査定協会と呼ばれる機関が存在し、「中古自動車査定制度」を打ち立てているのです。

日本自動車査定協会という機関は、厳正な査定が拡大するように動いている団体であり、消費者が安心して車を審査に提出でき、更に満足できる制度を構築する活動をしています。

具体的な内容的には、例を挙げると健全な査定士を増加させるための試験を行っており、査定協会が行っている学科及び技能研修を受けて頂き、そうしてから査定士技能検定試験という試験にクリアすることである一定の技能を持つ査定士としての資格が与えてもらえます。更に査定士として勤務するためには教会へ登録することが必要となり、まっとうな基本的なことや義務を以てしてユーザーの車の品定めをするのです。つまり適正な査定を出すための資格を持つ者が鑑定をやりますので、ユーザーも安心して下取りや買取に持っていくことが可能となるわけです。