これこそ車買取、そしてリサイクル料とのことだけどどうなんでしょう

ユースドカーを売却する際の手段には下取と買取というのがあります。下取のケースは次の自動車を購入する代わりに前のクルマを引受けしてもらうというものです。主として新車販売会社が引受けを行うためプライスのほうはどっちかといえば低く見られることが多いです。

一方、買取の方は自動車買い取り専門ショップがおこなっているもので、中古の車という名目で店頭に陳列することを前提として引き取りの額を決めるので、どっちかというと高額の引き取りが期待できます。いずれにしろユーズドカーを売る事であり、売る前に引き取り価格を決めるための査定がおこなわれます。

値踏みをおこなうさいに気に掛かるのが「リサイクル料」です。車査定で提示される金額としては自家用車そのものの価格、自分のクルマのに付いてくる自賠責保険とかリサイクル料等いれたプライスの2つの種類が有ります。リサイクル料に関しては車を入手した時、または「リサイクル料」が払われてなかったときには車検を通したケースで支払いとなりますので、将来、自家用車を廃車にして解体処分するケースで必要となるフロン類、シュレッダーダスト、エアバッグ類等々リサイクルする為の料金となって使われます。「リサイクル料」はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることになり、処分する際にJARSから支払されることになります。

料金は大体、軽であれば8000円ほど、国産自動車で約1万円、外国の車とかで15000円ほど、それとは別に2万円くらいを入れる必要性が有ります。大概のくるま引き受けであれば、こういったリサイクル料をお車の引受価格とは他として引き取りされることとなるのですが、リサイクル代金を入れて審査の価格となっている場合もあり、引き受けを頼む場合にまずは確認しておくということが大切です。