これがローン中の車売却

愛車の買取店に審査をしてもらったのはいいけれど、支払いを払いきっていないケースもあるかもしれません。そうした際には、売却予定の愛車の所有がご自身であるのか、別の方であるかについて最初にチェックしておくことが求められます。

実際、所有者についてどれを確認するといいのかと言えば、自動車検査証に記載されている氏名が自動車の権利者ということになります。

自動車を買った時点で銀行系のローンを設定された時には、こちらの自動車検査証に記載のある名前がご本人のお名前となっているのですが、割賦払いを組まれたのが信販会社であった場合はお名前がローン会社の記載となるはずです。クレジット会社でローンを組む場合になぜこんな形で信販系の会社をオーナーとして記載しているかと言えば、その答えとしては月賦が滞納された場合に、速攻でマイカーを差し押さえて確保できるようにするためです。

こういった事情から持ち主名義が信販会社になっている時にはそちらのマイカーを勝手に売ることは不可能です。どうあっても売り払いたいならとりあえずローンをすべて返済するか支払いローンの設定し直しをすることで持ち主をあなたの名前に変更した後で売却することが求められます。とはいえ現実問題そうしたことが可能なのが現在手持ちの資産がとても多い時に限られてしまいます。では資産が足りない時はどんなやり方をするのが良いのでしょうか。

そうしたケースでは鑑定をおこなって下さったくるま買取ショップに相談すれば、所有車の買取価格から残りの支払い分をキレイにし、オーナーを貴方自身の氏名に変えて頂くことができるというワケです。手続きも全てにおいて買取店にオマカセ可能ですから心配ないです。