きましたね車売却と必要書類について思うこと

クルマを手放す際における方法には下取、または買取の手続きが在ります。下取に関しては、次の車を入手した時点で、今まで乗っていたマイカーを引き取っていただくものです。コチラは走行が可能な状況であったら価格が付くのですが、とてつもなく古いクルマであった場合だと処分のコストを請求されるケースだってあるでしょう。

下取の場合は専門ショップが行うわけではないので、希望価格での買取りはムリでしょうけど、新しいくるまと交換する形で乗り換えを可能であるといういい面があります。一方買い取りの場合は、専門で行っているクルマ買い取り専門店に依頼して引受けをして頂くといったものです。タイミングが難しいといったデメリットがあるわけですが、買取をされた中古車はユースドカーとして出回るのがそもそも決定事項ですので、なかなかの望むような値段での引取りが期待できるはずです。

下取、買取どちらのケースでも譲渡のさいには必要となる書類を用意しておくことが必要です。その必要書類としては、自動車検査証とくるまの納税証明書、自賠責保険証、リサイクル券となります。そして実印や印鑑証明、住民票なども必要です。

引受けのときは譲渡証明書や委任状も使用すると思いますが、これらについては買取り業者が用意してくれるはずです。譲渡を頼むこちらとしては、車検証、自動車税の納税証明、自賠責保険証、リサイクル券、実印、住民票あとは印鑑証明が用意すべきものになります。審査の時にもそれらに関してはチェックが入るため、失くしたケースだと再発行して頂くことが必要でしょう。

万一失くしたケースでも鑑定そのものだけを受けることがOKですが、その場で買取は出来ないため見積額に悪影響が出ることになるでしょう。