お待ちかね、車売却とリサイクル料のこと

マイカーを売却するときの手続きとしては買取と下取りの2つが有ります。下取りのケースというのは次のクルマをゲットする代わりにこれ迄の愛車を買い取りして貰うというものです。たいがいはは新車の販売店が引受をすることになるので金額としてはどちらかというと低価格に見られることが多いです。

他方、買取りのほうは中古車買い取り専門ショップがやっており、中古の車という名目で売却することを予定に引取りの額を決定するので、割と高額な引き取りが望めます。どっちにしても自動車を売却することであり、引き取ってもらう前に引取り金額を決めるための見積もりがおこなわれます。

審査をして貰うとして気に掛かるのはリサイクル料になります。くるま鑑定で示される価格としてはその自分のくるまの本体のプライス、車に附随するリサイクル料とか自賠責保険などいれた金額の二種類が有ります。リサイクル料については車を購入した時、または「リサイクル料」が未納の場合ですと車検の時に支払われるもので、先々自分の車のを廃車にして解体する場合に必要となるエアバッグ類、フロン類、シュレッダーダスト等々リサイクルする為のコストとなって使われます。リサイクル料は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けることとなり、解体処分するケースでJARSから支払われることとなります。

料金は大体、軽自動車で8000円くらい、国産自動車で約1万円、外国製自動車等であれば15000円ほど、それ以外で20000円ほどを入れる必要が御座います。大概のユーズドカー買い取りの場合、こうしたリサイクルの代金をクルマの引受け額とは別で引き取りされるというようなこととなるワケですが、リサイクルの代金を含んで買い取り価格であるという場合も有り、買取りを望んでいる際にはチェックしておくということが大事な事となります。