お待ちかね、日本自動車査定協会の取組

古くなった車の下取・買取時は、必ず査定を行います。この場合の査定とは、消費者から買い取りや下取りする時に正当な評価を下す為の手続きであり、そのためにはたくさんの人から理解され、加えて合意された仕方をしないとまずいのです。とは言っても、消費者側からしますと、査定がどんな感じでされているのかきちんと認識していなかったり、キチンとしたやり方で作業されているのかは案外把握することが難しいものです。そうだとしても審査というものは中古車の値打ちを決めてしまうとても大切な過程である為、やり方や考えに種々のものがあれば社会がパニックとなる理由にもなる可能性があります。

そんなカオスを発生しないようにするためにも「日本自動車査定協会」と呼ばれる機関が存在し、中古自動車査定制度を用意してる訳です。

「日本自動車査定協会」というのは、適切な審査が浸透するように機能している協会であり、消費者が不安なく鑑定に提出でき、そのうえで納得できる制度作りの取り組みをしています。

内容的には、例を出すとキチンとした査定士を増やす為のテストを実行しており、査定協会が実施する学科と技法の研修を受けて頂き、そうしてから査定士技能検定試験という試験に受かることで一定の技能を持つ査定士としての資格がもらえます。そうした上で査定士として勤務するためには協会への登録を済ませてからになり、しっかりとした基礎的なものや義務を以てしてユーザーのクルマの鑑定を行います。要は適正な見積もりを行う為の資格を持つ者が鑑定をおこないますので、消費者も悩まずに買い取りまたは下取に愛車を提出することができるのです。